財形融資

財形融資

スポンサード リンク

財形融資は、財形貯蓄をしていれば利用でき、申込日現在で財形貯蓄を1年以上継続し、残高50万円以上ある人は、財形貯蓄残高の10倍まで借りられます。

そして財形融資を受ける仕組みは、民間労働者は事業主などを通じて転貸制度を利用するか、公庫の窓口を通じて直接融資を利用します。

また公務員の場合は、共済組合を通じて融資制度を利用するか、公庫の窓口を通じて直接融資を利用します。

さらに公庫の財形融資の場合は、毎月返済額の4倍以上の月収という収入基準があります。

そのほか事業主の財形融資の場合は、収入基準は事業主の判断に任せられています。


ページトップへ
Copyright © 2012 住宅ローン@ナビ. All rights reserved.